カイドウの剪定は秋がおすすめ!樹形・花のための手入れ方法を解説

美しい花を咲かせるカイドウは、剪定をきちんとおこなうことが大切です。放っておくと、枝が伸び放題になり、枝同士が巻き付いてしまったり、樹形が乱れてしまったりします。カイドウの剪定は、基本的に秋におこないますが、ほかの時期も整える程度の剪定をおこなう必要があります。

この記事では、カイドウの基本情報や育て方、業者の依頼ポイントを解説していきます。カイドウの剪定を業者に依頼したい方も、ぜひ参考にしてください。

カイドウの剪定は秋が基本

カイドウの剪定は、秋におこなうのが一般的です。花や芽をつけていない秋ごろ~2月ごろにおこなうようにしましょう。カイドウの剪定をおこなう前に、必要な準備や剪定方法を確認していきます。秋以外の季節の剪定方法もみていきましょう。

剪定をおこなう前に

カイドウの剪定は秋がおすすめ!樹形・花のための手入れ方法を解説

剪定をおこなう前に、枝を切るために必要な剪定バサミを用意しましょう。剪定バサミは、ホームセンターで、手軽に購入することができます。枝が太く切り落とせない場合もあるので、剪定用のノコギリもあるとよいです。

そのほかは、作業用の手袋や脚立、切った枝を片付ける掃除道具があるとよいでしょう。

秋におこなう剪定

カイドウの剪定は、秋におこなうことが基本です。花が咲き終えた秋ごろから3月の下旬にかけて、からんでしまっている枝や込みあっている枝など、不要になった枝を切り落としていきます。

伸びすぎた枝は、短く切り詰めます。細かい枝やからまってしまった枝は、付け根から切り落としてしまいましょう。カイドウの剪定は正しくおこなわないと、成長に影響がでてきます。切り過ぎには注意しましょう。

秋以外の剪定について

秋以外の季節に剪定する場合は、太い枝の切り落としや枝を大量に切り落とすなどの強い剪定は、おこなわないようにしましょう。強い剪定をおこなってしまうと、つぎの年の花つきが悪くなってしまいます。秋以外の剪定は、伸びすぎた枝を切る程度にとどめておきましょう。

強剪定は、木の切り口が大きくなるため木にストレスを与えてしまいます。枝が枯れてしまうおそれもあるので、無理におこなわないようにしましょう。秋以外に剪定をおこなう場合は、業者に相談してみるのもよいです。弊社の加盟店として登録されている業者が、カイドウの剪定をサポートします。気軽にご相談ください。

カイドウの基礎知識・育て方

カイドウの基礎知識や育て方を知って、きれいな花を咲かせましょう。ここでは、基礎知識や育て方のほかに、害虫被害やかかりやすい病気を解説します。

キレイな花を咲かせるカイドウ

カイドウの剪定は秋がおすすめ!樹形・花のための手入れ方法を解説

キレイな花を咲かせるカイドウは、バラ科の植物です。カイドウの名前の由来は、原産国の中国で呼ばれている「海棠」をそのまま読んで名づけられました。

中国では、美人の代名詞として呼ばれ、高貴な花を指しています。花言葉は「美人の眠り」や「温和」といわれていて、酔って眠っていた楊貴妃の美しさをカイドウに重ね合わせたことが由来となっているようです。

カイドウは、日当たりや通気性のよい場所を好みます。乾燥している環境には弱いため、湿度の保つことができない土や環境は苦手です。日の当たらない場所で、カイドウを育てようとすると、咲くはずだった花も咲かなくなってしまうので、植える場所に注意しましょう。

また、カイドウの品種はリンゴの仲間で、リンゴの花粉樹として公園やお庭で活用されています。実を楽しむミカイドウとハナカイドウの2種類があります。ミカイドウは、秋ごろにリンゴに似た実をつけ、食用として食べられることがあります。

間違っていない?育て方をおさらい

ここで一度、カイドウの育て方のおさらいをしましょう。正しいカイドウの剪定方法や、育て方を知ることで、カイドウをキレイに育てることができます。

・水やり
庭などに地植えする場合は、基本的に水を与える必要はありません。根づくまでは、土の表面が乾かない程度で、水を与えましょう。鉢植えの場合は、土が乾燥しないように、朝と夕方にたっぷり水を与えます。水の与えすぎは、根を腐らせてしまうので、調整しながら水を与えましょう。

・肥料の時期
肥料は、庭植え・鉢植えともに1月~2月と花が咲き終わったあとの5月下旬に与えます。1月~2月には、寒肥として効果の持続期間が長い緩効性化成肥料と油かすなどの有機肥料を混ぜたものを与えます。花後の5月下旬はお礼肥として化成肥料を与えましょう。肥料も水と同様で、あげすぎはよくありません。使用量を確認してから、与えるようにしましょう。

・土
土は、水はけのよいものを選びましょう。赤玉土をベースに腐葉土と黒土を混合したものがよいです。地植えの場合は、適度な湿度を保つことができる土がある環境を選びましょう。

・植え付け、植替えについて
植え付けは、花や葉が散ったあとの、12月~2月の間でおこなうようにします。土は、赤玉土や腐葉土・黒土を混合したものを植える場所の土に混ぜ込んでいきましょう。カイドウを植える際は、根株の倍くらいの大きさの穴を掘り、植えていきます。

鉢植えの場合は、2~3年に1度くらいの頻度で、植え替えをおこないます。カイドウの育ち方に合わせ、鉢を大きいものに変えましょう。

病害虫の被害には気を付けて!

カイドウを育てるにあたって、注意してみておきたいのは、害虫です。新芽がでてくる時期は、ハマキムシやアブラムシに注意しましょう。ハマキムシは身を潜めるために吐き出した糸で葉を巻きます。そのため、葉の光合成を阻害して、木を弱らせてしまうのです。みつけたら殺虫剤をまくか、巻かれた葉っぱと一緒に手作業で取り除きましょう。

アブラムシもカイドウの樹液を吸い、木を弱らせてしまうので早めに駆除しましょう。害虫は、殺虫剤を散布することで、予防できます。また、葉の裏に毛羽だった丸い病斑ができる赤星病などの病気にもかかりやすいので、殺菌剤などを散布して予防してあげましょう。

カイドウの育て方や害虫の駆除にお困りの方は、業者に相談するのをおすすめします。業者に依頼することで、カイドウに関する悩みを解決してくれます。弊社の加盟店として登録されている業者のなかから、カイドウの育て方やカイドウの剪定、害虫駆除に関してノウハウを持っている業者をご紹介します。気軽にご相談ください。

剪定は業者に依頼する選択肢もある!

カイドウの剪定は、業者に依頼するのも選択肢のひとつです。業者に依頼すると、どんなメリットがあるのでしょうか。メリットや、業者選びのポイントをみていきましょう。

業者依頼、実はメリットがいっぱい

カイドウの剪定は秋がおすすめ!樹形・花のための手入れ方法を解説

カイドウの剪定は、業者に依頼することで、メリットもあります。知識や剪定技術がある業者に依頼することで、カイドウがキレイなかたちで成長してくれるでしょう。

また、カイドウの剪定は高い場所の枝を切り落とす作業もでてくるので、転落やケガの心配もでてきます。安全に作業を進めるためにも、業者にお任せするほうが安心です。

費用を安く済ませるために知っておくこと

業者に依頼する際に、気になるのが費用ではないでしょうか。どのくらいかかるかみていきましょう。費用は業者によって異なり、日当制と単価制があります。

【日当制の場合】
地域によって異なりますが、一般的の相場は15,000円~30,000円ほどとなっています。日当制などの場合は、業者選びも慎重におこないましょう。2社以上の業者から、見積りを出してもらうと、業者比較ができます。

【単価の場合】

  • 低木 3,000円前後
  • 中木 6,000円~7,000円前後
  • 高木 15,000円~17,000円前後

単価の場合は、木の大きさ・高さで費用が異なってきます。剪定する樹木の種類によっても費用が変わるので、日当制の場合と同じで、2社以上の業者から見積りを出してもらいましょう。

どんな業者がいい?

業者選びのポイントは、細かな見積りを作成してもらえる業者や、丁寧な対応をしてもらえる業者です。個別にカイドウの剪定の悩みを聞いてくれる業者は信頼も大きいです。弊社の紹介する業者は、細かな見積りの作成や剪定の悩みに対応してくれる業者ばかりなので、気軽にご相談ください。

剪定1本から剪定します!剪定後の処理もいたします!見積もり後のキャンセル可能!24時間365日、日本全対応!

無料通話0800-805-5728

メールで無料相談

各種クレジットカードOK、調査見積もり無料