シャラの木の剪定は自分でできる?判断ポイント・剪定方法を解説!

シャラの木の剪定には、まずは自分でできるのか判断する必要があります。高木であれば剪定作業はむずかしくなるので、無理しておこなえば危険がともなうからです。

また自分で剪定をおこなう場合も、ポイントを知っておかなければ木を枯らしてしまうおそれがあります。そのような失敗をしないためにも、剪定に関する知識を身につけておきましょう。

そこで今回は、自分で剪定する方法や剪定の時期、業者に依頼した際にかかる費用などを解説していきます。さらに、シャラの木を元気に育てるためのお手入れ方法や害虫対策もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シャラの木の剪定は自分でできる?剪定時期・方法

シャラの木の剪定を自分でおこなう際、木の高さには注意が必要です。自分で手の届かない枝木の剪定をおこなう場合は木に登るか、脚立での作業となります。

また、高所での剪定作業は、足を踏み外してしまい転落事故につながるおそれもあるので注意が必要です。そのため、作業に不安がある方は無理をせず業者に依頼することをおすすめします。

もし低めの木であれば、自分で剪定をおこなうのも一手でしょう。こちらでは、剪定をする際に大切となる剪定時期や方法をお伝えします。

剪定時期は落葉後

シャラの木の剪定時期は、落葉後の12月~2月頃とされています。落葉後であれば、シャラの木は休眠期といって、木の成長がおだやかな時期に入っているのです。成長がおだやかなことで、枝木に対して剪定によるダメージも少なく済むことになります。

剪定方法は「透かし剪定」

透かし剪定とは、伸びすぎた不要な枝や枯れてしまった枝を根元から切る剪定方法です。ただしどの枝が不要なものなのかを、きちんと見極める必要があります。

主枝とは、幹から直接伸びた枝分かれしている枝のことを指しますが、まずは、この主枝から伸びる徒長枝を切っていきます。徒長枝とは、主枝の途中から真上に勢いよく伸びる枝で、樹形を崩す枝となります。

次に交差枝とよばれる、必要な枝に対し不要な枝が交差している部分の枝を切ります。また、枝同士が絡み合っているような枝も切り落とす必要があるでしょう。これを、絡み枝といい木の通気性や日当たりを悪くする原因となるので剪定していきます。

剪定後は切り口のケアを

シャラの木を剪定した後は、切り口のケアが大切です。切断面をそのまま放置すると、病原菌が入り、木が病気になる恐れがあるためです。

そのため、癒合剤とよばれる薬剤を切断面に塗ってフタをすることで、木が病気になることを防ぎます。癒合剤は病気から木を守るだけでなく、傷口を早く治すことにもつながるのです。癒合材は市販で買えるため、剪定の際には、買っておくことをおすすめします。

剪定によるメリット

剪定は、樹形をうつくしく保つことだけでなく、樹木の健康にもつながっています。枯れてしまった枝や増えすぎた枝を根元から切っていくことで、風通しを良くし、適度な日光に当たりやすくなるのです。その結果、病気にもなりづらいでしょう。

剪定作業は、適切におこなえば自分でおこなうこともできます。しかし樹形をうつくしく整えることは、必ずしもうまくいくとは限りません。不要な枝木の見極め、樹形の出来上がりのイメージをしながら剪定することは、簡単なことではないのです。

うつくしい庭木は、ご自宅のお庭の景観をさらによくすることにつながります。木の剪定に不安を感じたり、自信がなかったりする方は業者に依頼してみてはいかがでしょうか。業者であれば、シャラの木をうつくしく仕上げ、適切な方法で木を剪定してくれるでしょう。弊社では、お客様に合った業者を紹介することができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。お電話をお待ちしております。

シャラの木の剪定を業者に依頼する場合

シャラの木の剪定を業者に依頼することで、より確実にうつくしい樹形を保つことができます。また高木であっても、業者であれば安全に作業をおこなうことができるでしょう。ここでは、業者に依頼した際にかかる費用の目安、信頼できる業者選びの方法を解説していきます。

剪定にかかる費用

剪定にかかる費用

業者に剪定を依頼した場合、基本的にはシャラの木の高さによって、費用が変動します。一般的に高木に分類される、高さ5メートル以上7メートル未満の木の剪定では、1万5,000円~1万8,000円程度が相場とされているようです。

また、剪定以外にも費用がかかることがあるので注意が必要です。これには、剪定後の枝木の処分代、駐車料金、遠方からの出張費などが含まれます。

業者に剪定を任せる人の理由

業者に依頼する理由として、うつくしい樹形にこだわる場合は、知識と技術が必要なため、自分での剪定作業に不安を感じている方が多いことが考えられます。また、高木であれば作業自体にも危険があるため、未経験の方にはむずかしいという理由から業者に依頼される方が多いのです。

ほかにも、業者に依頼することで、剪定後にでた枝木の処分に頭を抱える必要がないことも依頼される利用となっています。

剪定を依頼できる業者の探しかた

剪定を依頼できる業者の探し方として、インターネットでホームページを確認したり、広告に載っている業者に連絡したりするのもいいでしょう。その際に、作業内容や費用の目安など確認しておくことをおすすめします。

近くに植木屋や造園会社などあれば、こちらを利用するのもおすすめします。依頼すれば、きっとすぐに駆けつけてきてくれるはずです。植木屋では、樹木の植え込みなどもおこなってくれるため、自分の目で見てほしい樹木を選ぶこともできるでしょう。

業者を選ぶ際には、事前に見積りを取っておくことが大切です。また可能であれば、複数の業者に見積りを取り比較することもオススメです。

複数の見積りを取ることで、かかる費用の相場を知ったうえで、作業依頼をおこなうことができるでしょう。見積りを取る際、費用内容が一式とまとめられている場合には、注意が必要です。

もしも一式と表記があれば、内容をきちんと確認しましょう。きちんと確認しておくことで、後で費用が高くなるなどのトラブルを、避けることにもつながるためです。

「剪定お助け隊」にご相談ください!

剪定お助け隊では、庭木一本からのご依頼も受け付けております。また、剪定後にでる枝木の処分もおこなっておりますので、ご安心ください。

作業が始まるまではキャンセルも可能です。お客様自身にきちんと納得していただいているうえで、作業に取り掛からせていただきます。また見積りに関しては、無料でおこなっております。

ご利用には、弊社のホームページをご利用いただくか、お電話での受付もおこなっておりますのでご気軽にお申しつけください。その際は、お客様に合った適切な業者を紹介させていただきます。

シャラの木を元気に育てるためのポイント

弱ってしまったシャラの木は、害虫被害にあいやすくなってしまいます。そのため、健康に育てることが大切です。シャラの木を健康に育たせるためには、木の特徴を知ることや普段のお手入れがとても大切になってきます。

ここでは、シャラの木の特徴や基本となるお手入れ方法、病害虫対策について解説していきます。ぜひシャラの木を元気に育てるために、お役に立ててください。

シャラの木の特徴を理解

シャラの木の特徴を理解

シャラの木はシンボルツリーとしても人気が高く、秋の紅葉を楽しむことができる落葉樹となっています。また、うつくしい花を咲かせることも特徴的で、その花はツバキの花によく似ているとされています。

日光を程よく浴びることができる環境を好んでいます。また水を好む植物なので、適度な水やりが大事になります。

基本的なお手入れ

シャラの木は乾燥に弱いため、土が乾いることや花がしおれている場合は、すぐに水やりをおこなう必要があります。特に夏季は乾燥しやすいため、たっぷりと水やりをしましょう。これは、鉢植えであっても地植えであっても頻度に違いはありません。

また、鉢植えの場合は花芽の増加や根を増やすことを手助けしてくれます。その際、緩効性肥料を使うとよいとされ、おだやかに効き目を発揮する肥料となっています。目安として、2月後半~4月後半に肥料を与えるとよいとされています。

一方、肥料に関しては、地植えではあまり必要がないとされています。肥料を施す場合は、生育が悪い場合などに使うと良いでしょう。樹木は根の先から肥料の成分を吸収しやすいため、幹付近よりも、枝の先から真下あたりの地面、地中内に肥料を埋めます。肥料を埋める際は、10センチ程度の深さに木を囲むように掘っておきます。

病害虫対策

シャラの木は、病気にかかることはあまりありませんが、害虫には注意が必要です。カミキリムシの被害にあうことがあります。カミキリムシはまず、成虫が幹に入り口をつくります。その入り口を通じて、産卵された幼虫が、木の内部を食い荒らしていくのです。最悪の場合、シャラの木が弱ってしまうことで、枯れてしまうこともあるでしょう。

被害にあったシャラの木は「幹表面に穴がある」「周辺に、木のくずにも見える虫のフンがついている」ことが特徴的です。症状が見られた場合は、幹にできた穴に殺虫剤を噴射するか、針金などを使って中の幼虫を捕まえることが有効です。殺虫剤を使う場合は、園芸用の殺虫剤を市販で買うこともできますので、購入すると良いでしょう。

害虫被害の予防策としては、シャラの木が健康であることが一番の近道になります。理由として、健康な状態であれば、幹に産み付けられた幼虫は生育することができないためです。もしも弱った枝木や葉を見つけた場合は、害虫の被害にあわないためにも、剪定の際に切りましょう。

シャラの木が枯れてしまったときは?

シャラの木が枯れてしまう理由として、乾燥が原因となることがあります。例えば間違った方法で剪定をおこなうと、枝木が少なくなって、たくさんの日光を浴びてしまいます。必要以上の日差しは、シャラの木を枯らしてしまうことがあります。

そのため、乾燥を避けるには、適切な剪定をおこない、水やりを十分におこなう必要があるでしょう。ただし、乾燥させないよう、水やりをおこない過ぎた場合も、枯れてしまう原因となるので注意が必要です。シャラの木は、夏場は乾燥しやすく多くの水分を必要としますが、冬季に関しては、あまり水やりを必要としません。

乾燥しやすい木だからという理由で、冬季などの水分を必要としない時期に、たくさんの水分を与えた場合、根が腐ってしまうことになるのです。植えた日があさかったり、根の遅着具合によって頻度を変えたりするなどの見極めが大事になってきます。

このように、シャラの木はデリケートな植物です。剪定方法に不安がある方や、シャラの木が元気なくて心配だという方は、一度業者に任せてみてはいかがでしょうか。弊社であれば365日24時間お電話でのご相談を受け付けております。まずはお気軽にご相談ください。お客様に合った適切な業者をご紹介いたします。

剪定1本から剪定します!剪定後の処理もいたします!見積もり後のキャンセル可能!24時間365日、日本全対応!

無料通話0800-805-5728

メールで無料相談

各種クレジットカードOK、調査見積もり無料