庭木の剪定をプロにまかせる!プロ集団があなたの庭をお助けします!

庭木を育てるには、剪定という作業が必要です。この作業を素人がおこなうのは難しいため、業者にお願いしたほうがいいでしょう。

しかし剪定をおこなってくれる業者は多く、選ぶのはとても難しいです。そんなときには、弊社の剪定お助け隊をご利用されてはいかがでしょうか。この記事では、剪定お助け隊のサービス内容について説明をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「剪定お助け隊」とはどんなサービスをしてくれるの?

剪定お助け隊は、庭木の剪定業者を紹介するサービスをおこなっています。紹介をおこなう過程で、電話相談や相見積もりを承っています。そのためご自身の状況に合った、より安い業者をご紹介することができるのです。それでは、サービスの詳細について解説していきます。

ご依頼からの流れ

ご依頼からの流れ

まずは、お電話でお客様のお悩みをお伺いしていきます。お客様のご要望に沿った剪定をおこなうためにも、お電話で状況を把握させてもらいます。

電話相談が終わりましたら、お客様の住んでいる地域の近くの業者を弊社で選定します。対応する業者が決まれば現地に出向いて見積りをおこなっていきます。この見積りは無料ですので、ご安心ください。お客様が見積もりの内容を検討して、納得していただいたら、作業日を決めます。

作業日は平日や土日でも、お客様の状況に合わせて調整させていただきますので、ご安心くださいませ。

「剪定お助け隊」が選ばれる理由

剪定お助け隊の強みは、いくつかあります。まずひとつめは、24時間365日で電話受付をおこなっていることです。お客様が剪定について悩まれましたら、いつでも対応することが可能なのです。

ふたつめは、追加料金無しの明確な見積りです。弊社のサービスは、見積り以上の追加料金やキャンセル料金はいただいておりません。見積りは無料でおこなっているので、気軽にご連絡くださいませ。

費用について

剪定にかかる費用は、木の高さや種類、剪定の難易度などによって変わってきます。また依頼をする業者によって料金が決まるシステムや相場が異なるため、一概にはいえません。しかし、場合によっては1,000円程度で依頼をできることもあるので、気になる方は相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

弊社は、お客様の状況に合わせた業者を紹介させていただきます。ぜひご利用を検討してみてください。

庭の剪定は業者にまかせたほうが安心です

庭木の剪定は、自分でおこなうことも可能です。しかし無理しておこなうことはせず、業者にまかせたほうがいいでしょう。それは一体何故なのか、そもそも剪定とは一体どういったものなのかを、具体的に解説していきます。

庭木を剪定する目的

庭木を剪定する目的

剪定とは木の不要な部分を切ることで、形を整えたり成長を促したりすることができます。木は、手入れをしないと伸びすぎて樹形がいびつになり、美しくなくなってしまうのです。そのため剪定をして、樹形を整える必要があるのです。また剪定をして不要な枝を切ることで、本来成長させたい枝に栄養を集め、成長を促すことができるのです。

庭木の剪定は難しい?

庭木の剪定は素人がおこなうと、失敗に終わってしまうことが多いです。一番多い失敗は、切りすぎでしょう。作業に慣れていない人は、必要な枝も一緒に切り落としてしまうことがあります。必要な枝は切ってしまうと、庭木の健康を損なって病気を引き起こしてしまうのです。

中でもマツの木の剪定はとても難しく、プロでも困難だといわれています。マツの枝は細かいうえに、四方八方に伸びているので、切る場所が把握しづらいのです。またマツの枝はチクチクして痛いので、作業を継続しておこなうのは大変です。

庭木が高い場合は、脚立に乗って作業をする必要があります。素人が脚立に乗って作業をすると、転落するおそれがあるので、おこなうべきではないでしょう。以上の理由から庭木の剪定は難しいので、業者へ依頼をすることが推奨されているのです。

業者がおこなう庭の剪定方法

剪定方法には切り戻しや透かし剪定、刈り込みなどがあります。切り戻しとは、枝や茎を途中から切り落として短くする作業です。この作業は意外に難しく、切りすぎてしまうことがあるので注意が必要です。

透かし剪定とは、樹木全体のバランスを確認しながら、不要な枝をカットしていく方法です。カットした跡が目立たないので、木の形を保ってキレイに仕上げることが可能です。

刈り込みとは木の高さや幅を刈っていって、樹形の形を整える作業です。刈り込みバサミもしくは電動バリカンを使って、刈り込んでいきましょう。

剪定を依頼する時期はいつがよい?

剪定をおこなう時期は、おもに夏か冬です。冬から春にかけておこなう冬剪定と、夏から秋にかけておこなう夏剪定があります。太い枝の剪定をおこなう「強剪定」は冬におこなって、細い枝の剪定をおこなう「軽剪定」は夏におこなっていくのです。しかし木の種類によっては、適切な剪定時期がことなることもあるので、確認が必要です。

例えば針葉樹と呼ばれる松・杉・檜・もみの木・ツガ・ゴールドクレストは、新芽が動く3月~4月に強剪定をおこなうと、バランスよく木を成長させることが可能です。また軽剪定は、9月~10月の夏から秋かけておこなってあげるといいでしょう。

広葉樹と呼ばれるキンモクセイ・サザンカ・ツバキ・カシ・サツキは寒さに弱いので、3月下旬~4月下旬もしくは5月下旬~6月の暖かい時期に強剪定をするといいです。また軽剪定は、寒くなる前の8月~10月くらいにおこなうといいといわれています。

どこで庭木の剪定はしてくれるの?

庭木の剪定をおこなってくれるのは、おもに造園や植木屋、便利屋や剪定業者です。造園と植木屋と剪定業者は、庭木のお手入れを専門としているので、高いクオリティの仕上がりが期待できます。またマツなどの難しい木の剪定もおこなうことが可能です。しかし値段は高めになっています。

便利屋さんは、日常生活のさまざまなことをサポートしてくれる業者です。そのサービスの中で、剪定もおこなってくれます。剪定の専門家ではないので、軽い剪定やほかの作業もお願いしたいときは便利屋さんにお願いするといいでしょう。

業者を利用したいとお考えで「どこの業者を選べばいいのかわからない」というときは「剪定お助け隊」にご相談ください。弊社は全国に加盟店を持っていて、お客様の近くの業者を紹介することが可能です。無料相談もおこなっているので、お客様の状況に合わせた、業者を紹介することも可能です。ぜひ、ご利用を検討してみてください。

剪定1本から剪定します!剪定後の処理もいたします!見積もり後のキャンセル可能!24時間365日、日本全対応!

無料通話0800-805-5728

メールで無料相談

各種クレジットカードOK、調査見積もり無料