夾竹桃の剪定|枝から出る汁には毒が!処分方法は自治体に相談しよう

夾竹桃はヴェールに似た形の花びらをもち、ピンクや白の美しい花を咲かせる庭木です。また、生長するのが早く、次々と枝が伸びるため、剪定が必要不可欠です。しかし、夾竹桃の剪定を考えている人のなかには、どう剪定するのがいいかわからない人もいらっしゃることでしょう。

そこで、今回は夾竹桃の剪定方法と注意点についてご紹介します。夾竹桃は強い毒性をもつことから、剪定やごみの処理には注意が必要です。適切な剪定方法を知ることで、しっかりと手入れをおこない、夾竹桃の美しい姿を楽しめるでしょう。

夾竹桃の剪定方法

夾竹桃は成長する力が強いため、剪定しないまま放っておくと、どんどん大きく育って不格好になります。そのため、定期的に剪定をして、形を整えましょう。ただし、夾竹桃は強い毒性をもっているため、剪定の際は事前の準備が大切です。

夾竹桃の剪定時期

夾竹桃の剪定|枝から出る汁には毒が!処分方法は自治体に相談しよう

夾竹桃の剪定時期は9~10月です。夾竹桃の花は7~9月にかけて咲くため、開花前である春や冬のうちに剪定すると、花芽ごと枝を落とすことになります。そのため、花が終わってすぐに剪定することで、翌年の花の数を減らさずに済むでしょう。

剪定前にすべきこと

剪定をする前に、長袖長ズボンや手袋、マスクを必ず着用しましょう。夾竹桃は樹木全体に毒性があるため、剪定時に切り口などから出た汁に触れただけでも、めまいや吐き気といった不調を引き起こす危険性があります。そのため、汁が肌にかかったり、口に入ったりしないための準備が大切なのです。

剪定方法

夾竹桃の剪定では、おもに枝の数を減らしていきます。夾竹桃は生命力の強さゆえに、放置しておくと枝数が増えがちです。そのため、定期的に枝を減らすことで、日当たりや風通しを改善しましょう。

剪定をするときは、内側に反り返った枝や枯れ枝を、優先的に切り落としていきます。枝を剪定するときは、根元からバッサリと切り落としましょう。中途半端に枝の一部が残っていると、切り口付近から枝分かれし、ますます枝が増えることになるのです。

安全におこなうなら業者へ

夾竹桃は毒性が強いため、剪定にはリスクがともないます。そのため、リスクを避けたいなら、剪定をあつかっている業者に任せるのがおすすめです。剪定に慣れた業者に作業を任せることで、安全に夾竹桃を整えることができるのです。

弊社からご紹介させていただく業者は、いずれも剪定のプロです。依頼が初めてのお客様でも、安心して任せられるでしょう。弊社にご相談くだされば、スタッフが丁寧に対応いたします。

気になる夾竹桃の毒……注意点は?

可憐な花を咲かせる夾竹桃ですが、その内側には強力な毒性があります。そのため、育てる際には十分な注意が必要です。そこで、以下では夾竹桃の特徴を踏まえたうえで、育てるときに注意すべきポイントについてまとめてみました。

夾竹桃ってどんな植物?

夾竹桃ってどんな植物?

夾竹桃は笹のような雫型の葉をつけ、ピンクや白色の花を咲かせます。花弁はヴェールのように波立ち、華やかな見た目が魅力的です。また、排気ガスや潮風にも負けない驚異的な生命力があるため、道路沿いや海側に住んでいる人でも、美しい花を楽しめるでしょう。

しかし、夾竹桃の花言葉が「用心」とされるように、花や葉、さらには枝や根にまで強い毒があります。夾竹桃は進化の過程で、外敵に食べられないための猛毒を身につけているのです。

夾竹桃の毒は、少量でも命にかかわるほど毒性が強いです。夾竹桃の毒は体内に摂取されるだけでなく、触れただけでも反応するため、肌に毒が付着すると体に不調が出てしまう危険性があります。そのため、お子様やペットがいる家庭では、夾竹桃を育てるときに十分な注意が必要です。

育てるときの注意点

夾竹桃を剪定するときは、先述のとおり、肌の露出を避けて作業をすることが大切です。また、剪定の際に出たごみはすべて回収しましょう。

ただし、回収したごみの処理方法については、自治体に確認してください。なぜなら、夾竹桃の毒は燃やしても消えることはないからです。それどころか、有毒成分を含んだ煙が飛散する危険があります。自治体の方針に沿った方法で、剪定ごみの処理をしましょう。

剪定の費用相場

夾竹桃の手入れは、業者に依頼をしたほうが安全です。しかし、業者へ依頼をするとなると、費用が気になる人もいるでしょう。そこで、以下では業者の費用相場についてまとめてみました。

  • 1~3メートル未満:3,000~5,000円前後
  • 3~5メートル未満:7,000~10,000円前後
  • 5メートル以上:15,000~18,000円前後

また、業者には剪定後のごみ処理も、一括でおこなってくれる場合があります。そのため、処理が大変な夾竹桃を処分するなら、業者に任せたほうがいいでしょう。業者によるごみの処分費用は、10キロに対して100~200円前後が相場です。

しかし、自力で業者を探していると、ごみ処理まで担当できる業者が見つからないことがあるかもしれません。業者探しに困った場合、弊社にご連絡をいただければ、現地調査と見積りを無料でおこなう業者をご紹介させていただきます。業者によっては現地調査や見積りだけでもお金がかかるため、弊社をご利用いただくことでコストを削減できるでしょう。

夾竹桃を立派に育てる方法

夾竹桃の美しい花を楽しむには、日常的なお手入れが必要です。夾竹桃の性質に合わせた手入れの方法を知ることで、毎年の開花を楽しめるでしょう。以下では夾竹桃の育て方をご紹介するので、よろしければお役立てください。

基本的な手入れの方法

基本的な手入れの方法

夾竹桃は、基本的に水やりを必要としません。極端に乾燥する夏場においては、土の表面が乾燥したら与える程度でよいとされています。ただし、植えつけて1年未満の場合は、根が乾燥しやすいため、1日に1回を目安に水を与えましょう。

また、肥料は2月前後に有機肥料を与えます。春先は花を咲かせるためにエネルギーを使うので、春に備えて栄養が必要なのです。そのため、2月のうちに、効果が長持ちする有機肥料を与えます。

有機肥料を与えるときは、株まわりの土を掘り、土のなかに有機肥料を混ぜましょう。有機肥料は土に混ぜることで、豊富な栄養を作り出すことができるのです。

夾竹桃は寒さに弱い

夾竹桃は寒い場所や、日陰の多い場所を嫌います。とくに、日陰では花つきが悪いため、夾竹桃の魅力を楽しめないかもしれません。そのため、植えつけるときは日あたりのいい場所を選びましょう。

病害虫に注意

害虫や動物に食べられないために進化した夾竹桃には、基本的に病害虫がつかないといわれています。しかし、夾竹桃には「キョウチクトウアブラムシ」という害虫がつくことがあるのです。

キョウチクトウアブラムシとは、夾竹桃の葉や枝につく、黄色のアブラムシです。葉や枝から樹液を吸って養分を奪うため、夾竹桃の花が咲かないなどの被害が懸念されています。

そのうえ、キョウチクトウアブラムシは、体から排出する甘い液体で「すす病」を引き起こすのです。すす病とは、黒いカビが葉の表面を覆う病気をさします。カビが葉を覆うと、光合成を妨げるため、夾竹桃が枯れる原因にもなるのです。

そのため、キョウチクトウアブラムシを見つけたら、殺虫剤で駆除しましょう。それでもすす病が発生したときには、感染部分を剪定し、桃の木全体をスプレー薬剤などで殺菌して被害の拡大を予防します。

夾竹桃の増やし方

夾竹桃は生命力の強さから、人工的に繁殖させることも可能です。切り放した枝を株として育てることで繁殖させる「挿し木」という方法を使います。繁殖させることで、庭いっぱいに夾竹桃を咲かせ、花を楽しむことができるでしょう。そこで、以下では夾竹桃の挿し木の手順についてご説明します。

  1. その年に生えた若い枝を、15センチ前後の長さで切る
  2. 切り口から半分の長さまで、葉を取り除く
  3. 切り口を1時間ほど水につけておく
  4. 水につけている間、蜂のなかに土を入れて準備する
  5. 土に水を与える
  6. 夾竹桃の枝を取り出し、下半分を土に植える
  7. 日当たりのいい場所で育てる

枝をカットするときは、斜めに切るのがおすすめです。切り口が斜めになっているほうが、水をたくさん吸収し、発根しやすくなります。

手入れが大変になったら

夾竹桃を増やすことで美しい風景を楽しめますが、その一方で、お手入れが大変になるデメリットがあります。夾竹桃は生長するスピードが早いため、1人では剪定が追いつかないかもしれません。

もし手入れが大変になったら、1人で無理はせず、剪定業者に依頼をしてみましょう。業者に夾竹桃の剪定を任せることで、毎年の開花を楽しむことができるのです。

しかし、業者となかなか都合が合わなかったり、待ち時間ができてしまったりするのが不安な人もいるでしょう。そんなお客様のために、弊社では、お近くの加盟店から業者を紹介させていただき、迅速な対応を実現させています。

お近くの加盟店から業者を手配するため、最短で当日のうちに剪定作業ができるでしょう。「もう枝が伸び放題で手遅れかもしれない……」という方でも、剪定のプロからすればまだまだ改善できる場合も十分にございます。そのため、おひとりだけで、ご家族だけで悩まずに、ぜひ弊社へご相談ください。

剪定1本から剪定します!剪定後の処理もいたします!見積もり後のキャンセル可能!24時間365日、日本全対応!

無料通話0800-805-5728

メールで無料相談

各種クレジットカードOK、調査見積もり無料