ケヤキの剪定方法と依頼したときの費用!盆栽での剪定もご紹介します

ケヤキは公園や学校でも育てられている身近な木です。そんなケヤキをご家庭でも育てている方もいらっしゃるでしょう。

ケヤキをご家庭で育てている場合、必要に応じて剪定をおこなわなければなりません。しかし、「ケヤキの剪定方法がわからない」という方も多いでしょう。

そこで、この記事では、ケヤキ剪定のやり方をご紹介します。ケヤキをご家庭で育てている方は、ぜひ参考にしてみてください。

大きく育ち過ぎたケヤキの剪定方法

まずは、大きくなりすぎたケヤキの剪定方法をご紹介します。剪定方法を間違えるとケヤキを枯らすおそれがあるので、以下の内容を理解して剪定を正しくおこないましょう。

ケヤキの剪定は「冬」がオススメ!

ケヤキの剪定方法と依頼したときの費用!盆栽での剪定もご紹介します

ケヤキの剪定は冬におこなうのがおすすめです。春になってからおこなうと、切り口が腐ってしまうことがあるからです。

また、ケヤキは落葉樹(冬になったら葉を落とす木)なので、冬に剪定をおこなうことで枝が見えやすく、剪定しやすくなるのです。

ケヤキの剪定は自分でもできる?

ケヤキを自分でも剪定できるかどうか、樹高で判断するとよいでしょう。自分で剪定できそうであれば剪定してもよいですが、ケヤキは生長すると20m以上になり、30m程度になるものもあります。

このように、大きくなりすぎたケヤキの剪定は高所での作業となり、落下してケガをする危険が伴います。そのため、大きくなりすぎて自分で剪定をおこなうのが難しいときには、業者に依頼するとよいでしょう。

ケヤキを剪定する方法

ケヤキは、枝透かし剪定をおこないます。枝透かし剪定とは、混みあった枝を分岐している部分から切り落とす剪定方法です。ケヤキ剪定では、混みあった枝のほかにも、枯れている枝、1本伸びている枝、景観を損なう枝を根元から切っていきましょう。

剪定のしすぎは枯れることもあるので注意!

ケヤキは剪定が必要ですが、剪定のしすぎには要注意です。太い枝や多くの枝を切り詰めると、折れやすくなってしまうからです。

ケヤキを強剪定すると、光合成をするために葉が大きくなります。すると、その重みに枝が耐え切れなくなり、枝が垂れ下がってしまいます。その結果、強い風が吹いたときに折れやすくなってしまうのです。

ほかにも、強剪定をおこなうと切り口から腐ってしまうおそれがあります。そのため、必要以上に剪定をおこなうのは避けてください。

しかし、「どの程度剪定をおこなったらよいかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。そういった方は、ケヤキ剪定を業者に依頼するのがおすすめです。そうすれば、失敗するリスクなく剪定をおこなってもらうことができます。

しかし、剪定を業者に依頼するとなると、費用が気になる方も多いでしょう。そこで、以下からは、ケヤキ剪定を業者に依頼したときの費用をご説明します。

ケヤキの剪定をプロに依頼するといくらかかるの?

ケヤキ剪定の費用は、業者によって出し方が異なり、日当制や時給制のところと単価制のところに分けられます。日当制や時給制は1日あたりや1時間あたりで費用を出し、単価制のところは庭木1本あたりで費用を出します。

費用相場は、日当制は15,000~30,000円程度、時給制は2,000~3,000円程度で、単価制は木の高さによって異なります。庭木が3m未満のときは3,500円程度、3~5mのときは7,000円程度、5~7mのときは16,000円程度のようです。より正確な費用を知りたい方は、剪定業者から見積りを取るとよいでしょう。

弊社には全国に多数の加盟店があり、その中から最適な剪定業者をご紹介します。また、弊社加盟店では、見積りを無料でおこなっております。また、見積り後からの追加料金もかかりません。「費用を知ったうえで依頼するかを検討したい」という方でも、まずは弊社までご連絡ください。

ケヤキは本来手入れがあまり必要ない木

じつは、ケヤキは本来お手入れの必要がない木です。しかし、剪定をおこなわなければよいというわけではありません。ここでは、剪定をおこなう必要があるケースについてご紹介します。

ケヤキは放置するのが普通

ケヤキの剪定方法と依頼したときの費用!盆栽での剪定もご紹介します

ケヤキは放置すると樹高は高くなりますが、自然とほうき型の整った形となり、あまり樹形が乱れることはありません。そのため、広い場所で育てる場合には剪定をおこなわなくてもよいでしょう。

ケヤキの剪定が必要になるケース

ケヤキは基本的には剪定をおこなう必要はありません。しかし、ケヤキは放置すると大きくなり、約30mにまで生長することもあるようです。

そのため、狭い土地で育てている方は定期的に剪定をおこない、樹形をコンパクトに保つ必要があります。

ケヤキは病気や害虫の被害に遭うことがあります

剪定には、病気や害虫を予防する目的もあります。ケヤキは放置しておくと、病気や害虫の被害に遭うことがあります。具体的には、「ケヤキフシアブラムシ」「ケヤキブチアブラムシ」という害虫や、「褐斑病」「ウドンコ病」という病気の被害に遭うことがあるようです。

これらの害虫や病気の被害に遭うとケヤキがうまく生長できず、最悪の場合枯れてしまうこともあります。こういった被害を未然に防ぐためにも、剪定をおこなって風通しをよくしましょう。

もし、自分で剪定をおこなうのが難しければ、代わりに業者に剪定をおこなってもらうことをおすすめします。

弊社にご連絡いただければ、加盟店からケヤキの剪定が可能なスタッフを手配して、丁寧に作業をおこないます。また、24時間365日電話受付しているため、いつでもご相談いただけます。ケヤキ剪定にお悩みの方は、ぜひ弊社までご連絡ください。

ケヤキの剪定は盆栽だと手軽にできる?

ケヤキは盆栽としても人気がある樹木です。ここからは、ケヤキの盆栽の剪定方法や育てるポイントをご紹介します。

ケヤキは盆栽でも人気です

ケヤキの剪定方法と依頼したときの費用!盆栽での剪定もご紹介します

ケヤキは、庭や公園に植えられているというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、じつは盆栽としても育てることができます。盆栽としてのケヤキは、樹形がほうきを逆さにしたような「ほうき立ち」となるのが特徴です。

ケヤキの盆栽を剪定する方法

ケヤキ剪定は、盆栽の場合は「どんな樹形にしたいか」を考え、必要以上に伸びている枝・自分が思い描く樹形からはみ出ている枝を切り落としてください。また、枯れている枝がわかれば、そこもカットしてしまいましょう。

また、ケヤキは葉刈りや芽摘みもおこなう必要があります。葉刈りとは、生えている葉をすべて刈り取ることをいいます。「葉をすべて刈り取って大丈夫なの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、葉刈りで樹形をコンパクトにすることが可能です。

葉刈りをおこなうことで、生えてくる葉を小さくし、枝も細かくすることができ、その結果、生長が早いケヤキが必要以上に大きくなるのを防止することができるのです。

また、芽摘みとは、春に伸びる新芽を摘み取ることです。芽摘みによって、新芽の生長を抑えて枝数を増やすことができるのです。

ケヤキの盆栽を植え替える方法

ケヤキの盆栽を植え替える場合は、3月におこないましょう。まだ新芽が出ていない3月におこなうことで、木へのダメージを抑えることができるようです。

植え替えをおこなうときは、古い鉢からケヤキを引っこ抜き、根をほぐしてから伸びた枝・太い枝を切ってください。これらの枝を切ることで、根詰まり(鉢の中で根が生長できなくなってしまうこと)を予防することができるのです。

そして、用土が敷かれた鉢にケヤキを移してください。このとき、用土が粗いと細かい枝が出ないおそれがあるので、事前に土ふるいでふるっておくとよいでしょう。

ケヤキの盆栽を育てるポイント

ケヤキは日当たりのよい場所を好みます。そのため、日当たりのよい場所に置くとよいでしょう。また、日によって鉢の方向を変えることをおすすめします。

ケヤキは葉が密集しているため、ずっと同じ場所に置いておくと日光が当たらない部分と当たる部分が出てきてしまいます。そのため、こまめに鉢の方向を変え、全体にバランスよく日光を当てるようにしてください。

また、水やりは春と秋には1回、冬には2日に1回おこないましょう。また、真夏は土が乾燥気味になるので、1日に2回水やりをおこなってください。

ここまで、ケヤキの盆栽を育てるポイントについてご紹介しましたが、元気に育てるためにはとくに剪定が重要です。そのため、上記でご紹介した方法で剪定をおこないましょう。

もし、「剪定方法がよくわからない」「自分でやると失敗しそう」という方は、剪定業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼することで、手間をかけずに剪定をおこなってもらうことができ、また仕上がりもキレイになります。そのため、剪定業者への依頼も検討してみてください。

弊社では、加盟店のスタッフが丁寧に剪定いたします。見積りも無料でおこなっているので、費用にも納得していただいたうえでご依頼いただけます。もちろん、見積り後からの追加料金もかかりません。ケヤキ剪定にお悩みの方は、弊社までお気軽にご相談ください。

剪定1本から剪定します!剪定後の処理もいたします!見積もり後のキャンセル可能!24時間365日、日本全対応!

無料通話0800-805-5728

メールで無料相談

各種クレジットカードOK、調査見積もり無料